環境装置 産業廃液・廃ガス 焼却装置

さまざまな生産活動を通して発生する産業廃液や廃ガスに対する規制は、世界的な環境意識の高まりとともに厳しさを増しています。
私たちは高度な燃焼技術を駆使してこれに対応。さらなる環境性能を求めて新たな技術開発に挑んでいます。

VOC対策装置

直燃方式

直接燃焼法とは、バーナにより、VOCを650℃~800℃の高温化で酸化分解する方法です。
燃焼酸化の必須条件は、3T即ち、Temp(温度)、Time(滞留時間)、Turbulence(混合)とされており、
*Temp:650~800℃
*Time:0.3~0.5sec
*Turbulence:VOCと燃焼ガスの均質混合、炉内の温度分布の均一化が必要です。

その上、安全操業条件として、爆発限界濃度(LEL)の1/3~1/4以下で処理する事が大切です。
適用範囲としては、あらゆる臭気およびVOCガスに対応可能で、極めて高い処理効率が得られことが特徴です。
なお、発生源の負荷変動に伴う処理効率の低下も見られない長所を有しています。

触媒燃焼

触媒燃焼法とは、白金やパラジウムなどの触媒を用いてVOCを150~400℃の低温下で酸化分解する方法です。触媒燃焼法を用いたVOC処理装置の特徴を示すと以下の通りです。

  • (長所)
    *触媒により低温での燃焼が可能で、ランニングコストが低く、NOxの副生がない。
  • (短所)
    *触媒に寿命があり、不燃性無機悪臭物質については処理できない。
    *触媒毒として、
    一時被毒:錆、ダスト、タール、オイルミスト、希薄なハロゲンおよび硫黄化合物、
    永久被毒:有機シリコン化合物、有機リン化合物、有機金属化合物、濃厚なハロゲンおよび硫黄化合物

低O2・低カロリー

比較的大容量で、低O2・低カロリーのガスに適用され、同時に自燃性廃液および難燃性廃液の処理も可能です。装置内に、廃熱回収ボイラやガス予熱器を組み込む事で、廃熱回収を行う事が可能です。

お問合わせ