社長挨拶

~皆さまとともに90年 そしてこれからも~


 ボルカノ株式会社は2018年9月をもちまして創立90周年を迎えさせて頂きました。
 これも偏に永年に亘りご愛顧頂いておりますお客様のご指導、ご鞭撻の賜物であり
衷心より厚く御礼申し上げますとともに、常日頃からお世話になっております取引先、
関係先の皆様方の多大なるご支援、ご協力のおかげと改めて深く御礼申し上げます。
また、ボルカノ歴代役員/社員の英知と勇気と不断の努力に対し、ここに敬意と
感謝の意を表します。

 当社は1928年(昭和3年)、20世紀初頭に青春時代を過ごした創業者である私の祖父・
沖原辨治が国産初の低圧空気噴霧式重油バーナを開発し特許を取得、当社の前身である
「大阪重油炉製作所」として個人創業、1943年株式会社に改組、東京オリンピック前年の
1963年現在の「ボルカノ株式会社」に社名変更しました。
 顧みますと燃焼一筋に90年、第二次世界大戦前後の大混乱期を乗り越え近代産業の
勃興期を経て日本の海運・造船産業の発展を支えると共に、1970年代に入ると
「高効率」・「省エネルギー」・「低環境負荷」という3大キーワードの下、いち早く
地球環境問題に取り組み、NOx・Sox・CO2 削減、各種エネルギー資源の有効活用や
循環型社会構築の一端を担って参りました。

 「ボルカノ」とは火山のように燃え盛る、創業者自らが開発し特許を取得した国産初の
バーナに付けられた名称であり、それ以来90年間そのスピリッツは今日に引き継がれて
います。
 そしていま私たちが目指すのは持続的成長可能な老舗ブランド企業=BOSC-VOLCANO、
Brand-Oriented Sustainable Company VOLCANOです。

 次世代の熱供給機器や熱分解型環境保全機器/プラントのありかたを追求し、
常に時代を呼吸する新な挑戦を続けてお客様と共に成長し創造していくこと、
これが私達ボルカノの使命であり社会への恩返しだと考えています。
 本年は燃焼エンジニアリングメーカとして新たな飛躍を期す意義あるマイルストンで
あると同時に、永年培った技術でお客様のご要望と信頼にお応えすべく90年間の感謝を胸に
100周年に向けてのスタートの年にしたいと思います。
 今後ともより一層の皆様のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 HEAT -BEAT ! 、HEART -BEAT !  THE COMBUSTION !
 “Let’s Get Started !  さぁ始めよう!”

ボルカノ株式会社
代表取締役社長

沖原正章

ClassNK ISO 9001