船舶機械 船舶ボイラ用バーナおよび焼却炉

大型LNGタンカーを動かす主機ボイラ用バーナから、船内・熱源などに用いる補助ボイラ用バーナ、廃油焼却炉、ビルジ・スラッジ処理装置まで豊富な納入実績。省エネ・環境性能にすぐれた製品とグローバルなサービスネットワークで、安全かつ効率的な海上輸送を支えています。

主ボイラ用バーナ

LNG船向け 主ボイラ用 オイル/ガスコンビネーションバーナ  TYPE SFFG Ⅱ

概要

このバーナは、LNG運搬船の主ボイラ用バーナとして開発され、数多くのLNG船に使用いただいています。LNGタンクのボイルオフガスを燃料として利用し、オイル燃料との混焼も可能です。運行効率の改善はもとより、ガス専焼による環境負荷低減も可能で、今後の規制強化(NOx、SOx等)に対応できるバーナです。優れた負荷追従性能、高負荷燃焼性能、省エネルギー、環境負荷低減を実現しました。現在では、LNG運搬船だけではなく、FPSO、FSRU等のオフショアー分野へも採用が拡大しています。

仕様

  • 蒸発量 : 6.0~70.0 t/h用
  • 油燃焼量 : 550~6,300 kg/h
  • ガス燃焼量 : 450~5,300 Nm3/h
  • ターンダウン比率 : OIL 15:1 GAS 7:1
  • 燃焼形態 : オイル/ガス混焼、ガス専焼、オイル専焼
  • 噴霧方式 : ガス/外部混合、オイル/蒸気噴霧
  • 制御方式 : 比例制御
  • 対応燃料 : LNG、HFO、MDO、MGO、原油
  • 燃料粘度 : 700cSt対応

特徴

  • 単一バーナおよび複数バーナ適用可能(マルチ対応可能)
  • 二次スワラとパイロットガスノズルの装備で、火炎のコンパクト化と保炎力強化を図り、負荷追従性能を向上
  • 低O2燃焼でワイドレンジ
  • バーナ単独で低NOx対策が可能
  • 過熱蒸気使用により、蒸気消費量を削減可能
  • LNG、HFO、MDO、MGO、原油等の多種燃料へ適応
  • 140隻以上のLNG船にメインボイラ用バーナとしての納入実績があり、世界の海で活躍中
お問合わせ