産業機械 産業ボイラ用バーナ

排ガスを再利用するコ・ジェネレーション用バーナや厳しい環境基準に適応した低NOxバーナ、低燃費バーナなどをラインナップ。
工場や商業施設などさまざまなシーンで、ムダを抑えたクリーンな熱エネルギーを供給しています。

プラント設備用バーナ


事業用火力/造水用等各種プラント対応 SFVバーナシリーズ

概要

SFV型ベンチュリーバーナは、産業用から大型発電ボイラに適応でき、ボイラの急激な負荷変動に対応できるように、燃焼量調節範囲最大50:1の超ワイドレンジバーナです。 30年以上に渡るロングセラー製品で、ボルカノの代名詞ともいえる主力バーナです。

原理

エアスリーブ部にベンチュリースロートを採用、着火の安定性追求のための保炎器にスワラを採用、燃料の微粒化促進のためにYジェット型アトマイザを採用、これらにより、従来品と比較して15〜20%の風圧抵抗が減少し、着火の安定性向上、噴燃量の3%以下の噴霧用蒸気量で、良好な燃焼を得ることができるようになりました。

特徴

  • 低風圧での燃焼が可能です。
  • 超ワイドレンジ燃焼ができます(50:1)。
  • 低NOx対策に適応できます。
  • 8T/H〜60T/H迄のボイラに適応(バーナ一台にて)できます。
  • シングルからマルチバーナ迄適応できます。
  • 油/ガス混焼、ガス専焼にも適応できます。


事業用火力/造水用等各種プラント対応 SFD-GASバーナシリーズ

概要

SFD-GAS型バーナは、製鉄所の高炉、コークス炉、転炉から発生する排ガス(低カロリー)および各種プラント工場から発生する排ガス(低カロリー)をボイラ等の燃料として使用する場合の燃焼機として開発されました。 燃料を大量に使用する製鉄所の代替燃料焚きバーナとして、環境保全、省エネルギーの一役を担っています。

原理

低カロリーガスの燃焼性の向上を図るため、排ガスと空気の混合を良くする構造(ミカン型)を採用しており、通常では燃焼しにくい低カロリーガスを、燃焼可能にするバーナです。

ガスコンビネーション型バーナ(重油/ガス/混焼)イメージ図

特徴

  • 油、ガス コンビネーション燃焼に適応可能です。
  • 数種類の排ガスを同時に燃焼させる事が可能です。
お問合わせ