沿革

■History 2010~

2010 (平成22年) ●船舶燃料の低硫黄規制が欧州地域とカリ フォルニアに施行された。低硫黄燃料対応バーナを開発、MGO/HFO対応型バーナとして販売開始、多数の就航船舶に対応。
●舶用ディーゼル機関に対する IMO NOx3次規制(現行の80%削減)に対応する日本財団の助成事業「スーパークリーンマリンディーゼル」の研究開発PJが発足。
●ボルカノも三菱重工業㈱殿からSCR・脱硝装置用排ガス加熱装置を請負い納入。
2011 (平成23年) ●中国(成都市)に下水汚泥焼却炉用として、初の流動床焼却炉用起動バーナ・砂中ガンを納入。
2012 (平成24年) ●LSDO対応舶用小型ボイラ用油圧比例制御バーナMJII-M型納入開始。
●液中燃焼技術を利用した、ヨウ素回収装置を初納入。
●次世代型下水汚泥焼却システム「過給式流動燃焼システム」向けに加圧対応バーナが継続採用。
●沖原正章社長 国土交通「大臣表彰海事関係功労者表彰」受賞
2013 (平成25年) ●電力の固定価格買い取り制度(FIT)の追い風を受けて、「バイオマス発電、流動層ボイラ用熱風炉および起動バーナ」の特需。
●イタリア、トスカーナ沖のFSRU(Floating, Storage and Regasification Unit)プロジェクト向けバーナにてNOx規制値クリアのため、舶用で初の排ガス再循環を実施。規制値をクリアし無事試運転を終えた。
●創立85周年 記念式典を開催。
●工場内で発生する余剰水素を利用した、ボイラ用水素燃料バーナの初号機納入。
●中国都市ゴミ市場向に「大型ストーカ炉用ガスバーナ」の初号機納入。
2014 (平成26年)

●ブラジル沖のFPSO PJに投入されるREGAS船(船上再ガス化船)ボイラーに、陸上向けの技術を応用したNOx規制対応の油/ガス切替専焼バーナを納入した。
●三菱重工殿が開発した新型LNG推進プラント UST(Ultra Steam Turbine)初号機向けに、SFFG II型 油/ガス混焼バーナを納入。試運転を終え無事引き渡しされた。
●今後拡大が見込まれるLNG燃料船に対応可能な補助ボイラ用バーナ “Vignis”(SFUGXシリーズ)を新たにラインナップ。
●株式会社クボタ殿から永年取引40年表彰を受ける。
●中国都市ゴミ焼却炉市場向にストーカ炉用のガスバーナを継続納入。

2015 (平成27年) ●海技大学校殿の実習用ボイラにMJⅡ-90M型バーナが採用された。
●製鉄業界向「均熱炉」及び非鉄業界向「流動焙焼炉」市場に初参入した。
●工場内で発生する数種類の副生油、副生ガスを主燃料としたVLNDX型ボイラ用混焼バーナを納入。副生燃料を有効利用することで省エネ、環境対策に貢献。
●中国の環境問題に取り組むべく上海で開催された、「国際工業博覧会」に初出展し、産廃市場向けに販路拡大の足がかりを得た。
●FITの恩恵を受け、「バイオマス発電用 流動層ボイラ用バーナ」で過去最高の特需を得た。
2016 (平成28年) ●「特定機械器具設置工事業(知事)許可」を取得。
●LNG燃料船向けBOG処理装置(Boil Off Gas Combustion Unit) "MECS-GCU"を開発し、発売した。
●LNG(液化天然ガス)燃料船向け オイル/ガス コンビネーションバーナ  「Vignis-mini」を開発し、発売した。
※「Vignis-mini」は、導入拡大が期待されているLNG燃料船向けに、蒸発量1t/h~3t/h規模のボイラに対応した製品。
●東京ビッグサイトで開催された、SEA JAPAN 2016に出展した。
●ボルカノ BOG処理装置 MECS-GCU を搭載した日本郵船株式会社様の日本初のLNG燃料船である曳船「魁 (SAKIGAKE)」がシップオブザイヤー2015技術特別賞受賞された。
●ボルカノ 廃油・ビルジ濃縮装置 ビルコン-X を搭載した、阪九フェリー株式会社様カーフェリー「いずみ/ひびき」がシップオブザイヤー2015大賞を受賞された。
●ドイツ ハンブルグで開催された、SMM ハンブルク 2016に出展した。
●(公)日本マリンエンジニアリング学会より運営基盤の安定に著しく貢献したとして感謝状『貢献賞』を受賞。
●ボルカノ オイル/ガス コンビネーションバーナ Vignis-mini を搭載した世界初、LNG燃料の自動車運搬船が竣工した。
※川崎重工業株式会社様が建造された世界初となるLNG燃料の自動車運搬船が南通中遠川崎船舶工程有限公司(NACKS)様で竣工。
●インドネシア ジャカルタにて開催された、日本舶用工業会「第2回舶用工業セミナー」及び、台湾 台北にて開催された日本舶用工業会「日本舶用工業協会検討会in台湾」に参加し、ボルカノ製品を活用した船舶、海運の分野における課題解決についてのプレゼンテーションを実施した。
●経済産業省の補助事業である「石炭ガス化複合発電実証事業」用として、大崎クールジェンに「高圧バーナ」を納入。

イメージ
全自動
油圧比例制御式バーナ
TYPE MJII-M

イメージ
主ボイラ用
オイル/ガスコンビネーションバーナ
TYPE SFFG II


イメージ
補助ボイラ用
オイル/ガスコンビネーションバーナ
TYPE SFUGX
“Vignis”

イメージ
MJⅡ-90M型バーナが採用された海技大学校殿の実習用ボイラ

イメージ
LNG燃料船向け
BOG処理装置
"MECS-GCU"


イメージ
オイル/ガス
コンビネーションバーナ
"Vignis-mini"
(本体)


イメージ
オイル/ガス
コンビネーションバーナ
"Vignis-mini"
(ガスバルブユニット)


イメージ
ジャカルタにて開催
日本舶用工業会
「舶用工業セミナー」