沿革

■History 1970~1989

1971(昭和46年)

●ベンチュリバーナ(TD比 50:1)の開発に成功。
●直燃式脱臭装置用助燃燃焼器、排煙脱硫装置用焼却炉の市場に参入。
●全自動船内廃油廃棄物焼却装置「ボルカニック」を開発。
●世界最大のタンカー”日石丸”(1971年竣工、18万総トン、37万載貨重量トン)に当社バーナが搭載された。

1972(昭和47年) ●資本金3,300万円に増資。
●超低カロリーガスバーナを韓国・浦項綜合製鉄に納入。
・9月/日中国交正常化
1973(昭和48年) ●兵庫県三田市に三田工場完成。
・この年、石油ショックなどで物価急騰
1974(昭和49年) ●ボルカノサービス合資会社発足。資本金4,620万円に増資。
●脱臭装置、廃棄物処理装置等、公害防止機器を開発。
1975(昭和50年)

●全自動小型バーナ開発。三田工場第二期工事完成。
●大学研究所向け廃液処理装置を金沢大学医学部に納入。

1977(昭和52年) ●低カロリーガス用大容量バーナ(SFD-GAS)を改良。
1978(昭和53年) ●ベンチュリ・オイルバーナのユニット型(SFVU)を製作、1号機を欧州メーカーに納入。
1979(昭和54年)

●ターボジェットバーナ(TJ)をASS型に切り換え(その後、SFU型に改善)。
●小型船舶用ヒートパイプ式着氷防止装置を開発。

イメージ
SFV型ベンチュリオイルバーナ
イメージ
VTH型舶用廃油焼却装置

イメージ
当社バーナーを搭載した
37万トンタンカー”日石丸”

イメージ
有機廃液処理装置

イメージ
ASSバーナ
1980(昭和55年) ●ダブルスロート式低O2、SFC省エネルギーバーナを開発。
●沖原徹哉社長、運輸大臣より表彰を受ける。
●マイコンにより、燃料コントロールシステムを開発。
●ヒートパイプによる舶用着氷防止システムを完成し、海上保安庁へ納入。
●舶用VECSシステムを開発。
●小型流動層焼却炉(PYRECON)を導入。
  オーストラリアのパイレコン社が開発した 難燃性廃棄物を焼却する噴霧流動層方式の焼却炉を導入し、 流動層燃焼技術を研究した。
・7月/第22回オリンピック・モスクワ大会、日・米・西独・中国など不参加
1981(昭和56年) ●ガス噴霧オイルバーナ(VGA)、超低NOxガスバーナを開発。 1973年の石油ショック以後、 省エネルギー・低公害型の燃焼開発が注目されてきた。 燃料油を微粒化するのに、従来は蒸気や圧縮空気を用いてきたが、 これを可燃性ガスに置き換えて、無気始動を可能にし、 低NOx、ワイドレンジおよび省エネルギーに優れたバーナを 東京ガスと共同で開発。
●西独ザーゲ社とロータリバーナ(SKV)の販売・技術提携締結。
1982(昭和57年)

●東北・上越新幹線に液中燃焼方式の融雪装置が採用される。
●自己蒸気圧縮式蒸発装置の1号機を松下電工幸田工場に納入。
●石炭ガス化・液化プラント計画に参加。
政府出資機関NEDO(新エネルギー総合開発機構)主唱による 石炭ガス化・液化のテストプラント計画が開始され、 当社は高圧下での高温反応装置のスタート時の装置の 温度確保・維持のためのスタートアップ用バーナを担当した。
●ノルウェー国際漁業博「NORFishing82」に参加。
●油微粉炭混焼バーナ(PCB)を開発。
●ダブルスロート式省エネルギー型バーナを開発。

1983(昭和58年)

●重油・廃油燃料用全自動型ガンタイプバーナ(MJD)を開発。

1984(昭和59年)

●二段燃焼型低NOxバーナ(VLN)を開発。
・11月/日銀、15年ぶりに新札(一万円、五千円、千円)発行

1985(昭和60年) ●名神高速道路米原地区に液中燃焼方式の融雪装置納入。
●低O2低NOxオイルバーナを開発。
●沖原徹哉社長、藍綬褒章受章。
●都市ゴミ・下水スラッジ焼却灰の減量化用溶融炉バーナを開発。
●OFFガス(低カロリーガス)の大型低NOx焼却炉の完成。
●東海道新幹線に融雪装置が採用される。
・9月/5カ国蔵相会議でドル高是正の「プラザ合意」成立
1986(昭和61年) ●国産ロケットH-IIの地上試験排ガス処理装置を宇宙開発事業団に納入。
●高負荷燃焼ガスバーナを開発。
●コンピュータによる生産管理システム(SIP)を導入。
●合理化に伴うリストラを実施。
●ホモクラッシャ(HCR)を開発。
  英国ビッカース社より技術導入(1978年)した 燃料油前処理均質化用ホモジナイザ(HOMO)に引き続き、 船舶用燃料の低質化・重質化にともなう燃料の前処理機として、 加圧燃料供給管系で機械的に燃料中のスラッジ、アスファルテンなどの 重質不純物を微細化し、かつ均質化するホモクラッシャを開発した。
・4月/ソ連のチェルノブイリ原発大事故
1987(昭和62年)

●三田工場第三・第四期増設工事完成。
●ビルジ濃縮装置 ビルコン-X(イクス)を開発。
●かがり火装置を開発。
・4月/国鉄分割民営化、JRグループ各社開業

1988(昭和63年) ●ボルカノロータリーバーナ(TD比 10:1)を開発。
●LPG船のタンク内残留廃ガスの陸上燃焼装置を開発。
●創立60周年記念式典を挙行。
●触媒式脱臭装置を開発、1号機を台湾の化学会社に納入。
●大阪・東京ガスの工業フェアに参加。
  ガスおよび東京ガスが年1回、 工業用規模の燃焼機器の展示会を開催することになり、 当社も毎年参加することとなった。
・12月/東証平均株価、3万50円82銭と初めて3万円の大台

イメージ
ヒートパイプ式.着氷防止装置を装備した新型漁船


イメージ
融雪装置(上越新幹線)
イメージ
自己蒸気圧縮式
蒸発装置(NACS)
イメージ
PCB型油・微粉炭
混焼バーナ
イメージ
MJD型重油・廃油用全自動型ガンタイプバーナ

イメージ
VLN型低NOx
オイルバーナ

イメージ
H-II ロケット用
廃ガス処理装置

イメージ
発電プラント用
燃料前処理装置

イメージ
ビルジ濃縮装置
ビルコン-X(イクス)
イメージ
かがり火装置